このブログをご覧になった方は
応援をお願いします
。m(__)m

↓↓↓
banner_04.gif

2008年12月07日

禁煙成功のための禁断症状対処法と継続のコツ

今回は禁煙成功のために離脱症状と対処法そして
禁煙のコツについて書かせていただきます。


禁煙すると人によって程度の差はありますが、
さまざまな離脱症状(いわゆる禁断症状)がでてきます。


これらの症状の多くは、
ニコチンに依存していた身体の中から、
ニコチンが抜けだすためにみられるものです。
 
 
症状としては、

○頭痛がする。
○身体がだるい、眠い
○タバコがとても吸いたくなる。
○イライラ落ち着かない。


などです。


これらの症状に対処する方法としては、

○足を高くして仰向けにねる。
○睡眠を十分に取る。軽い運動をする。
○水を飲んだり、深呼吸、低カロリーのガムや干し昆布をかむ。
○深呼吸やストレッチなど自分にあった方法でリラックスする。
 
 
また、禁煙すると、食欲が改善して食事の量が増すため、
一時的に体重が増える場合があります。


通常、2〜3キログラムの増加であるならば、
あまり心配することはありません。


しかし、それ以上の場合は、次にあげるような注意を心がけてください。


○食事は腹八分目にする。
○口寂しさを上手にしのぐ(低カロリーのガムや干し昆布)
○薄味で、あっさりした食事にする。(油っこいものは避ける)
○野菜を多く取るように心掛ける。
○毎日無理なく出来る散歩や運動をする。



さらに、禁煙を継続するにはコツがあります。


そこで禁煙をするためのコツをまとめてみました。

あなたに合った方法で、禁煙を続けましょう。

○タバコの害について自分なりのイメージを持ちましょう。
○禁煙して良かったことを考えましょう。
○禁煙使用と思った理由や禁煙中の努力を思い浮かべましょう。
○らくな気持ちで禁煙を続けましょう。
○少しでも禁煙が出来たら、禁煙できたことに自信を持ちましょう。
○禁煙仲間を見つけたり、家族や友人に禁煙宣言をしましょう。


人それぞれ、色々な禁煙の方法や成功例があります。


成功者の意見を取り入れ真似をしてみるのは、
あなたの禁煙成功の近道になります。


今後も禁煙の流れはより一層強くなります。


禁煙するといいこともあります。


食事が美味しく味わえるようになり、
肺機能が回復して息もかろやかになり、
体もより健康になります。


家族の笑顔も増えます。


たばこ代を貯めることもできます。


タバコ代は今後、1箱が500円〜1000円に
値上がりがほぼ確定しています。


いまのうちに禁煙してみては如何ですか?


禁煙にはきっかけが必要です。


いまこのブログをご覧になっている
今がチャンスかもしれません。

 
 

posted by タロー at 11:35| Comment(25) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

最高の家族サービスは、禁煙です。

最高の家族サービスは、あなたの禁煙です。


タバコを家庭内で、あなたが吸っていると、
今までも聞いて、あなたがご存じのとおり、
副流煙での健康被害やタバコのニコチン臭で、
あなたの大切なご家族は健康被害を受けています。


節煙・代替え→禁煙をすることにより、無理なく
禁煙することは可能です。


今回は、そんな、禁煙を考える勇気あるあなたへ、
誰でも出来る禁煙のノウハウについてお伝えいたします。


禁煙ノウハウ1
○タバコを勧められたときの上手な断り方を身につけておく。

お酒を飲んだときなどにタバコを勧められて喫煙者に
逆戻りすることが多いようです。


そこで、タバコを勧められたときの上手な断り方を
あらかじめ練習しておくと良いでしょう。


禁煙ノウハウ2
○禁煙に失敗したときに「禁煙は失敗がつきものであり、
今回の経験が次回に必ず役立つ」と考えるようにする。

禁煙に失敗すると、自己嫌悪に陥ったり、
自信が低下することが多いようです。


その際に、「禁煙には失敗がつきもので、今回の経験が
次回に必ず、役立つ」と考え、思いこみを変えることが大切です。


禁煙ノウハウ3
○タバコを再び吸いやすい状況を予測し、その対策を練習しておく。

離脱症状が治まっても、暫くの間は、
吸いたい気持ちが続きます。


そこで、再喫煙しそうな状況を事前に考え、
対処方法を検討しておきましょう。



禁煙ノウハウ4
○家族や友人、同僚などの協力が得られるようにしておく。

禁煙を始めるにあたっては、
一人で頑張るよりも、家族や友人、同僚など
周囲の協力を得る方が禁煙は成功しやすいです。


禁煙を始めるにあたっては、
協力を依頼しておくと良いでしょう。



そして、いまチョットした禁煙ブームの
火付け役になっているのが厚生労働省での
タバコの値上げです。


タバコ1箱が500円〜1000円までに値上げが
検討されています。


近い将来、値上がることは確実なたばこです。


今後も禁煙の流れはより一層強くなります。


禁煙するといいこともあります。


食事が美味しく味わえるようになり、
肺機能が回復して息もかろやかになり、
体もより健康になります。


家族の笑顔も増えます。


たばこ代を貯めることもできます。


タバコ代は今後、1箱が500円〜1000円に
値上がりがほぼ確定しています。


いまのうちに禁煙してみては如何ですか?


禁煙にはきっかけが必要です。


いまこのブログをご覧になっている
今がチャンスかもしれません。





posted by タロー at 09:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

「ニコチン依存度チェック」してみよう。^^

長い間、喫煙習慣があって、
禁煙する気持ちがあっても止められない人は
「ニコチン依存」と「心理的依存」の2つの依存に
陥っていると考えられます。


「ニコチン依存」は禁煙ガムや禁煙パッチなどの
助けを借りて少しずつ減らしていくことにより、
依存の解消ができます。


そこで、あなたのニコチン依存度チェックをしてみましょう。^^


ニコチン依存度は6つの問いに答えることで、
簡単にチェックできます。

ニコチン依存度をチェックしてあなたにあった禁煙方法を
見つけましょう。


このニコチン依存度チェックは「ファーかストローム指数」という点数を求めることで、チェックできます。

設問1
あなたは、朝目覚めてから何分ぐらいで最初のたばこを吸いますか?

○ 5分以内  ・・・3点
○ 6〜30分 ・・・2点
○ 31〜60分・・・1点
○ 61分以後 ・・・0点

設問2
あばたは、喫煙が禁じられている場所、例えば図書館、映画館などでたばこを吸うのを我慢することが難しいと感じますか?

○ はい    ・・・1点
○ いいえ   ・・・0点

設問3
あなたは、一日の中でどの時間帯のタバコを止めるのにもっとも未練が残りますか?

○ 朝起きたときの目覚めの1本 ・・1点
○ 上記以外          ・・0点

設問4
あなたは、1日何本吸いますか?

○ 31本以上 ・・・3点
○ 21〜30本・・・2点
○ 11本〜20本・・1点
○ 10本以下 ・・・0点

設問5
あなたは目覚めてから2〜3時間以内の方がその後の時間帯よりも頻繁にたばこを吸いますか?

○ はい  ・・・1点
○ いいえ ・・・0点

設問6
あなたは病気で殆ど1日中寝ているときでも、たばこを吸いますか?

○ はい  ・・・1点
○ いいえ ・・・0点


各設問の解凍点数を足し算するとニコチン依存度が3つに
分けられて、あなたの依存度が解ります。

■0点〜3点の方:ニコチン依存度の低い方です。

登山にたとえると低い山に登るようなものです。
禁煙ガムや禁煙パッチなどや専門家のサポートがなくても止められます。
自力で登にあったっては、上手な登山の方法、つまり禁煙ノウハウを学んでから上ることをお勧めします。


■4点〜6点の方:ニコチン依存度中等度の方です。

登山に例えると頂上まで自力で登るのは無理があるので、山の途中までロープウェイを使う方法つまり、禁煙補助具などを使う方法をお勧めいたします。
禁煙ガム、禁煙パッチのニコチン製剤の他にも

ニコチンを摂らずに吸いながら止めることができる、
「電子たばこ」などに変える方法などがあります。

■7点〜10点の方:ニコチン依存度が高い方です。

とても高い山に登るようなものです。
ニコチン製剤と「電子たばこ」等のたばこの代替え法を
併用するか、専門家のサポートを受ける方法があります。
禁煙外来を利用して、禁煙に取り組むことも手段の一つとして
考えられます。


ここで禁煙の効果を時系列でご紹介します。
(アメリカ肺がん協会のデータより)

禁煙の効果はすぐにあらわれます。

身体が軽くなる、食事が美味しくなるなど禁煙して良かったことを実感しながら続けると良いと思います。

○禁煙20分後
血の気の引いた手足に血流がよみがえってくる。
血圧も下がり、脈もゆったりになります。

○禁煙24時間以内
心筋梗塞になる危険が減ってきます。

○禁煙48時間後
食べ物の味が良く味わえるようになります。
また、嗅覚もよくなり、臭いにも敏感になります。

○禁煙1ヶ月〜9ヶ月
せき、たんがグンと減ります。
血行が良くなり、お肌もつややかになります。

○禁煙5年後
肺癌で死ぬ確率が喫煙者の半分に減ります。

○10年後
肺癌で死ぬ確率が喫煙者の10分の1に減ります。
他の癌になる確率も勿論、低下します。


禁煙するといいことがたくさんあります。


食事が美味しく味わえるようになりますし、
肺機能が回復して息も軽やかになり、
体もより健康になります。


家族の笑顔も増えます。


たばこ代を貯めることもできます。


たばこの値段は、今後、500円〜1000円に
なるそうです。


禁煙が難しいなら、節煙などを真剣に考えてみませんか?


禁煙には、きっかけが必要です。


このブログをご覧になっている今がチャンスかもしれません^^

posted by タロー at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

軽いたばこは安全?

軽いたばこだからと言って、
必ずしも安全なたばことは言えません。


そもそも、安全なたばこなどはあり得ません。


軽いたばこは、フィルター部分の穴などによって
煙を薄めているだけです。


喫煙者は自分に合った血液中のニコチン濃度を
保とうとするために無意識に本数が増えたり、
深く吸い込んだり、たばこの根本まで吸う様に
なると言われています。


その結果、ニコチンやタールなどの有害成分の
摂取量は期待したほど低下しないことが解ってます。


「軽いタバコはニコチンが少ないはず。」

間違いです。^^


軽いと称されるたばこは、
フィルターの部分に小さなミシン目が入ってます。


この空気孔の数は軽い表示のものほど
多いことはご存じでしょうか?


パッケージに表示してある成分量は
特定の吸引器で測定されたものですが、


喫煙者はたばこを吸うときにこの穴を
塞いでいることもあるようです。


「軽いたばこの方が安全な気がする?」


これも間違いです。^^


軽いたばこに変えても心筋梗塞などの
病気にかかる危険は同じです。


また、軽いたばこに変えると血液中の
一酸化炭素濃度は逆に増えます。


軽いたばこに変えて本数が増えたりすることで、
一緒に吸い込む一酸化炭素はかえって
増えてしまいます。


一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと
簡単に結びつき、酸素の運搬能力を
弱めてしまいます。


その他、血管を痛めたり、
動脈硬化を促進する作用もあるのです。


これからも禁煙の流れは
より一層、強くなるでしょう。


禁煙するといいこともあります。


食事が美味しく味わえるようになりますし、
肺機能が回復して息も軽やかになり、
体もより健康になります。


家族の笑顔も増えます。


たばこ代を貯めることもできます。


たばこの値段は、今後、500円〜1000円に
なるそうです。


禁煙が難しいなら、節煙などを真剣に考えてみませんか?


禁煙には、きっかけが必要です。


このブログをご覧になっている今がチャンスかもしれません^^


ラベル:たばこ 禁煙 節煙
posted by タロー at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

たばこと薬の飲み合わせ(相互作用)

たばこは様々な病気をひきおこしたり、
病気を悪化させたりするばかりではなく、
薬との相互作用があることが解っています。


特にニコチンの薬理作用による
影響が大きいと言われています。


その作用は、タバコを止めても数ヶ月は持続するとのこと・・・


相互作用の強さは一日の喫煙量と
深い関係があることが解っています。


たばこを吸うと肝臓の薬物代謝酵素が多く出て、
薬の効果を弱くすることがあるので、要注意です。


下記に喫煙と医薬品の飲み合わせによる相互作用を
あげてみました。

喫煙者は、このような医薬品に対してこんな相互作用で
悪影響を及ぼす危険が高いと言うことです。


■卵胞・黄体ホルモン剤、低容量ピル、女性ホルモン剤等

○相互作用
血栓症、心筋梗塞、クモ膜下出血の副作用の危険が高まる。


■テノーミン等(β遮断薬)

○相互作用
・薬の代謝が早まり、薬の効いている時間が短くなる。
・ニコチンにより血圧上昇、心拍数増加が起きる。


■アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)

○相互作用
薬の代謝が早まり、薬の効いている時間が短くなる。


■アスピリン(血栓溶解剤)

○相互作用
アスピリンの血栓溶解作用が弱くなる。


■テオドール・テオフィリン等(気管支拡張薬)

○相互作用
・喫煙による喘息が悪化する。
・薬の作用が弱まる
・喫煙により薬の作用が強まるので、要領の調節が必要


■インスリン

○相互作用
インスリンの作用が弱まり、インスリンの必要量が増加する。


■ガスター等、H2ブロッカー(制酸剤)

○相互作用
・H2ブロッカーの作用が弱まる
・H2ブロッカーはニコチンの代謝を抑制する。



等々、喫煙が薬に及ぼす影響は大きいのです。


また、受動喫煙による影響も同じです。

たばこに含まれる有害物質によって、
副流煙の受動喫煙により、喫煙者本人だけではなく、
周囲の人にも肝薬物代謝酵素が
多く出るようになります。


従って、受動喫煙でも医薬品との相互作用が起こります。


これからも禁煙の流れは
より一層、強くなるでしょう。


禁煙するといいこともあります。


食事が美味しく味わえるようになりますし、
肺機能が回復して息も軽やかになり、
体もより健康になります。


家族の笑顔も増えます。


たばこ代を貯めることもできます。


たばこの値段は、今後、500円〜1000円に
なるそうです。


禁煙が難しいなら、節煙などを真剣に考えてみませんか?


禁煙には、きっかけが必要です。


いまこのブログがチャンスかもしれません^^



posted by タロー at 10:50| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。