このブログをご覧になった方は
応援をお願いします
。m(__)m

↓↓↓
banner_04.gif

2008年12月04日

軽いたばこは安全?

軽いたばこだからと言って、
必ずしも安全なたばことは言えません。


そもそも、安全なたばこなどはあり得ません。


軽いたばこは、フィルター部分の穴などによって
煙を薄めているだけです。


喫煙者は自分に合った血液中のニコチン濃度を
保とうとするために無意識に本数が増えたり、
深く吸い込んだり、たばこの根本まで吸う様に
なると言われています。


その結果、ニコチンやタールなどの有害成分の
摂取量は期待したほど低下しないことが解ってます。


「軽いタバコはニコチンが少ないはず。」

間違いです。^^


軽いと称されるたばこは、
フィルターの部分に小さなミシン目が入ってます。


この空気孔の数は軽い表示のものほど
多いことはご存じでしょうか?


パッケージに表示してある成分量は
特定の吸引器で測定されたものですが、


喫煙者はたばこを吸うときにこの穴を
塞いでいることもあるようです。


「軽いたばこの方が安全な気がする?」


これも間違いです。^^


軽いたばこに変えても心筋梗塞などの
病気にかかる危険は同じです。


また、軽いたばこに変えると血液中の
一酸化炭素濃度は逆に増えます。


軽いたばこに変えて本数が増えたりすることで、
一緒に吸い込む一酸化炭素はかえって
増えてしまいます。


一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと
簡単に結びつき、酸素の運搬能力を
弱めてしまいます。


その他、血管を痛めたり、
動脈硬化を促進する作用もあるのです。


これからも禁煙の流れは
より一層、強くなるでしょう。


禁煙するといいこともあります。


食事が美味しく味わえるようになりますし、
肺機能が回復して息も軽やかになり、
体もより健康になります。


家族の笑顔も増えます。


たばこ代を貯めることもできます。


たばこの値段は、今後、500円〜1000円に
なるそうです。


禁煙が難しいなら、節煙などを真剣に考えてみませんか?


禁煙には、きっかけが必要です。


このブログをご覧になっている今がチャンスかもしれません^^


posted by タロー at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。