このブログをご覧になった方は
応援をお願いします
。m(__)m

↓↓↓
banner_04.gif

2008年12月01日

受動喫煙の影響〜副流煙が最悪です〜

たばこを吸わない人も同じ空間にいれば副流煙を
吸い込んでしまうため、喫煙者よりも被害が大きくなる
可能性が高いことが問題になっています。


副流煙は、たばこの点株から立ち上る紫煙で、
アルカリ性で主流煙より有害で粘膜刺激が強いのです。

主流煙と副流煙の成分比較をすると、
主流煙を1とした場合、副流煙に含まれる成分は次の倍率になります。

ニコチン(血流を悪化):2.8倍

タール(ヤニ・発ガン物質):3.8倍

一酸化炭素(酸素不足を招く):4.7倍

アンモニア(目を刺激する):46倍

ベンツピレン(発ガン物質):3.9倍

ニトロソアミン(亜hつがン物質:52倍


また、この主成分の害は次のとおりです。

■ニコチン
ニコチンは血管を収縮させるため、血流が悪くなります。
その他、セキやタン、動悸、息切れ、頭痛を引き起こします。
また、血管を詰まりやすくし、狭心症、心筋梗塞、
脳血栓の原因になります。


■タール
タールは、一般的にヤニと呼ばれている物質で、
発ガン物質を60種類以上も含みます。
咽頭癌、肺癌、気管支炎、肺気腫、胃、十二指腸、
動脈硬化などの原因になります。


■一酸化炭素
一酸化炭素は、酸素よりも早く赤血球と結合するため、
脳や全身に運ばれる酸素の量を減らします。
その結合は強力で、脳や体全体の活動を鈍らせたり、
持久力を低下させたりします。
また、一酸化炭素による酸素不足は血管壁を傷つけます。


今後も禁煙の流れはより一層強くなります。


禁煙するといいこともあります。


食事が美味しく味わえるようになり、
肺機能が回復して息もかろやかになり、
体もより健康になります。


家族の笑顔も増えます。


たばこ代を貯めることもできます。


タバコ代は今後、1箱が500円〜1000円に
値上がりがほぼ確定しています。


いまのうちに禁煙してみては如何ですか?


禁煙にはきっかけが必要です。


いまこのブログをご覧になっている
今がチャンスかもしれません。

posted by タロー at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。